寿司・麺

さんま寿司

さんま寿司

さんま寿司は、紀州を代表する食文化であり、田辺市でも、秋祭りやお正月には、なくてはならないご馳走の一つです。
晩秋から初冬にかけて紀伊半島沖を南下する"さんま"は、適度に脂が落ち、これが、さんま寿司の食文化を生みました。
交通網が、今日のように発達する以前は、山村地域の人々は、行商人が運んでくる さんまを買い込んで、さんま寿司として食しており、現在もその食文化は生きています。

鯖棒寿司

鯖棒寿司

県内でサバがよく捕れる場所は、みなべ町や田辺市など。マサバとゴマサバが主に漁獲されます。焼く、煮る、すしなど食べ方もいろいろで、鯖棒寿司は、近海で捕れた脂の乗ったマサバをぜいたくに使用。肉厚のサバと煮込んだ昆布、すし飯の相性は抜群で、脂の乗った真鯖と、じっくり煮込んだ肉厚昆布の旨味が絶妙な味わいを作りあげています。


寿司取り扱いの協議会会員

会員名 住所 電話番号
味の本陣 栄 田辺市高雄一丁目2-10739-25-1805
(有)割烹あしべ本店田辺市上屋敷一丁目15-380739-22-0005
(有)銀ちろ 田辺市湊12-39 0739-22-3960
宝来寿司田辺市湊18-120739-22-0834
丸長水産(株) 海鮮問屋田辺市新庄町3143-80739-24-7800

麺製品取り扱いの協議会会員

会員名 住所 電話番号
(有)更科製麺田辺市本町79-30739-22-0758
竹森製麺田辺市高雄一丁目11-180739-22-1173

このページのトップへ