紀州田辺とっておき

田辺市地域ブランド推進協議会 紀州田辺とっておき

海産物のページ

メインコンテンツ

田辺市及び周辺地域は、黒潮紀南分流により水産資源の種類が多く、主な魚種には、アジ、サバ、シラス、イサギ、カツオ等があり、その他にもイセエビ、クルマエビ類、ガザミ、ヒロメ等も水揚げされています。

いさぎ

いさぎ

一年を通して漁獲されるイサギ(イサキ)。特に冬場と初夏の産卵前は脂ののりがよく、たいへん美味。くせのない白身魚のイサギは、刺身、塩焼き、煮付け、揚げ物など様々な料理で食べていただける魚です。
田辺湾沖周辺海域は紀州灘と呼ばれ、黒潮の分支流と瀬戸内海の内海水が流れ込む潮の流れが速い海域で、その海で獲れたイサギは、十分に身が締まっています。
田辺漁港へ水揚げされるイサギの中で、特に、手釣り漁法で魚体に傷がつかないように一尾一尾丁寧に釣り上げ、活かしたまま帰港して水揚げ直前に活けじめされたイサギは「紀州いさぎ」と言われ、抜群な鮮度で出荷されています。
手釣り漁法での漁獲は、獲りすぎないという点で環境にやさしい漁法であり、他にも稚魚放流や小さなイサギは海に戻すなど、水産資源を大切にする取組みが行われています。

しらす

しらす

シラスは、イワシの稚魚で、マイワシ、カタクチイワシ、ウルメイワシの3種類があり、春先と秋口に最も漁獲が多い時期となっています。
水揚げされたシラスは、通常、すぐに加工業者に引き取られ、皆様がよく食べている釜揚げシラスやチリメンに加工されます。特に新鮮なシラスは、生のまま酢みそや酢醤油で食べられ、獲れたてでしか味わうことのできない地元ならではの味となっています。
田辺湾で操業されているシラス漁業には、全国で行われている船曳網漁業(バッチ網漁)のほか、田辺特有の「引き寄せ網漁」も行われています。引き寄せ網漁は、水中に入れた網を引き寄せて漁獲する昔ながらの漁法で、現在、和歌山県下では、磯間地域でしか行われていない全国的にも珍しい漁法です。
引き寄せ網漁により水揚げされたシラスは、魚体を傷めずより新鮮な状態で水揚げされます。その漁法による漁獲量が極端に少ないため、「高級食材」として珍重されています。

ひろめ

ひろめ

ヒロメは、ワカメと同種同属の海藻で、全国でもごく限られた海域にしか分布していない非常に希少な海藻です。
最大1メートルほどにまで生長し、大きなうちわの様な形をしています。やわらかくてとろみがあり、シャキシャキとした独特の食感・歯ごたえが特長です。
収穫時期は1月下旬から4月上旬で、鍋物、味噌汁、酢の物、サラダ、炊き合わせなど、地元でも春を告げる海藻として高い人気があります。
和歌山南漁業協同組合では「紀州ひろめ」という名称で、京阪神地域を中心にPR活動に取り組んでいます。

海産物製品取り扱いの協議会会員

会員名 住所 電話番号
(有)銀ちろ田辺市湊1005 0739-22-3960
熊野ファーム 田辺市稲成町2844 0739-22-9819
大漁みやげセンター田辺市新庄町北内之浦3067-280739-25-1912
宝来寿司田辺市湊11260739-22-0834
(株)マルサ 田辺市福路町16 0739-24-0220
和歌山南漁業協同組合 田辺本所田辺市江川43-350739-22-8520